HOME > 箔押し接着剤

本金・洋金・銀など「箔専用接着剤」説明書

材料

●素地(※1)   ●金箔(例)


塗料

●Zブラック(ハクがつく)  ●専用のうすめ液


用具

●小皿(表面がツルツルしたもの)   ●拭き布(不要なハンカチなど)

●カッター・ハサミ(よく切れるもの)  ●厚紙(カット用マット)

●柔らかいハケ(塗り用)        ●柔らかいハケor筆(押さえ&落とし用)

●マスキングテープ


下準備

素地に汚れや油分があるとキレイに貼り付けられません。十分に拭き取って乾燥させてください。素地によっては、テープを貼ると生地ごと剥がれたり、本漆塗りのモノは接着液が乾かない可能性があるため、先にテストをされると良いでしょう。


工程1

写真小皿に「Zブラック」を少量出し「うすめ液」で10倍に溶かして接着液をつくります(※2)。Zブラックとうすめ液の割合は、だいたい 1:10です。




工程2

そのままでも良いのですが柄や模様にしたい場合は、金箔を貼りたい場所にマスキングテープなどで型を作りましょう。シールを取った後の枠を想像していただければ分かりやすいかと思います。隙間ができないように貼ります。その後、接着液を塗り刷毛で、できるだけ薄く塗り1分ほど放置します。



工程3

仕上がりの良し悪しを左右する重要な工程です。塗った接着液が乾いてくると表面に粘り気がでてきます(さわると指紋が付くようになる)ので、拭き布で粘り気を取るように拭き上げます。慣れが必要ですが、はじめての方は粘り気がなくなって軽く拭けるようになったら頃合いと覚えるといいでしょう。拭き取ってから2時間程度の間に張り付けます。それ以上経つと接着液が乾いて貼り付かなくなりますので、貼れる範囲だけに塗るのがオススメです。

この時、拭き方が少ないとムラになりやすく箔の仕上がりツヤもにぶくなります。一方でしっかり拭き上げができれば箔のツヤはキレイになりますが、あまり拭き過ぎてしまうと箔が付かなくなってしまうこともあります。



工程4

普通の箔は

竹製の専用箸で取り扱います。わずかな風や息でもめくれたり、飛んでいったりしますので取り扱いには十分ご注意ください。◎箔を無駄なく使いたいという場合は、和紙に挟まれたままの状態であればカッターやハサミなどでカット出来ます。

金沢箔職人の場合は

箔の付いていないフイルム面を身体側に向け、両側を手で持って移動させます。素地に箔を付けた後、フイルム面をはがさずにフイルムの上から力を入れすぎないように軽く押さえます。

全体に貼ったら、柔らかい毛の筆や刷毛などで上から力を入れすぎないように軽く押さえます。力を入れすぎて箔が破れてしまったら、残った箔をさらに上に乗せて軽く押さえます。多少見た目が悪くなりますが、後で払い落とすので心配ありません。



工程5

柔らかい毛の筆や刷毛で重なった箔をそっと払いながら、箔の付いていない細かい箇所に払いくず箔を寄せて貼り付けていきます。



工程6

完全に乾くまで3〜4日程度放置します。暖かい場所のほうが乾きやすいです。乾燥させたあと、ホームセンターなどで売っているコーティング剤(透明)を吹き付けてコート剤の説明書通りさらに乾燥させます。乾けば完成です。



※1

木や紙、素焼きのモノなど接着液を吸い込んでしまう場合はうすめ液の量を調節して濃いめの接着液を作ります。Zブラックとうすめ液の割合は、だいたい 1:1〜2 です。それでも接着液を吸い込んでしまうようならば先にコーティングなどの処理が必要になります。表面をコートして接着液の吸い込みが無くなれば、通常のうすさの接着液で大丈夫です。



※2

溶かした接着液は24時間以上放置すると箔が付きにくくなります。